『コンラッド モルディブ』日本人駐在スタッフ日記が届きました!! - STWのモルディブ☆最新情報ブログ

モルディブガイド Top> モルディブガイド ブログ

『コンラッド モルディブ』日本人駐在スタッフ日記が届きました!!

2月2日 月曜日-モルディビアンナイトディナー

2月1日のコンラッド モルディブ ランガリアイランド
朝からよく晴れていて、雲を探すのが大変なくらい青空が広がっていました。
日向はやはり暑いのですが、日陰に入るととても涼しいのがモルディブの暑さ。
常夏とはいえ、日本の暑さとは違います。
本日ご紹介するのは、毎週月曜日に開催されているモルディビアンナイトの夕食です。
通常、アトールマーケットではそれぞれのカウンターごとに、それぞれの料理を提供しておりますが
月曜日は他の曜日とはまったく違った形でお料理を提供しております。
カウンター名は関係なく、基本的にはモルディブ料理がどこもかしこも。という感じです。
ラムの丸焼きはモルディブ料理なのか定かではありませんが、毎週月曜日のみご提供しております。

モルディブ料理といえば、へディカ。

ちょっとしたお菓子のようにつまめるへディカですが、モルディブに旅行で来てみるとなかなかたどり着けなかったりするものです。
せっかくモルディブに来たのなら、やはり、モルディブの本来の料理も体験していただきたいと思います。
ちなみにへディカはカレー味やチリ味など少しスパイシーです。
中身はツナやココナッツ、ものによってはお野菜や卵が入っているものもあります。
外側はカリっと香ばしく、中身はお魚の味がおいしく広がります。
お写真は貼り付けておりませんが、モルディブカレーも多種ご用意しております。
そちらにご自身で選ばれたスパイスなど(トッピングとでもいいましょうか)を入れてお召し上がりください。

 

写真真ん中に見られる丸い形のとうがらしは、モルディブチリです。
こちらはかなり辛いので、細かく切って少しだけ混ぜるくらいが日本人にはちょうどいいかもしれません。
ちなみに切ったものを直接手で触ると、しばらくチリのヒリヒリ感が残ることもあります。(1日くらいで取れるでしょう)
また、生のたまねぎなどもモルディブ人の方はよくトッピングにして食べています。

 

 

 

マスフニというのはココナッツが入ったツナの細かいもの。
「MAS」というのが「魚」という意味ですので、メニューボードでMASという文字があればその材料にお魚が含まれています。
マスフニは大抵ツナを使って作られていますので、お魚の味に慣れている日本人の口には合うと思われます。
こちらのマスフニですが、通常のご朝食時も月曜日に限らずご用意しております。
ロシと呼ばれるチャパティの薄いもので包んでお召し上がりください。
ここ2日間、夜になるとマンタが長い桟橋へ帰ってきています。
お時間でいうと22時くらいから0時すぎ。
ちょっと遅いお時間なので、早起きの日には難しいですが、星も満天です。
ぜひ、ご滞在になられるお客様は、お天気のいい夜には
星空と、もしかしたら!?のマンタに会いにお出かけになられてください。
※マンタさんはペットではありませんので、会えるときもあれば会えないときもあります。

 

 


Filed under: その他 — root 06:47
  • 最近の記事

  • カレンダー

    2009年6月
    « 5月 7月 »
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930 
  • アーカイブ

ページTOPへ