モルディブのホテル事情

モルディブガイド トップ > モルディブのホテル事情

モルディブのホテル事情

モルディブでは、1つの島に1つのホテルがある、『1島1ホテル』という独特の環境が基本スタイルとなっています。
小さな島の中には、客室やレストラン、ダイビングセンターなどが揃い、島にいる人は原則的にホテルスタッフとゲストだけ・・という、完全プライベート空間が守られたホテルライフを楽しむことが出来ます。
またモルディブは他のホテルへの移動が出来ないため、基本的にその島(=ホテル)のみの滞在となります。オプショナルツアーで訪れるアイランドホッピングや姉妹ホテル同士の2島滞在であれば、他の島へ訪れることも可能です。

島によっては客室が水上ヴィラだけのホテルやビーチヴィラだけのホテルもあります。もちろん、ビーチヴィラと水上ヴィラの両方にご宿泊することが可能なホテルもあります。
大きな島の場合は、2~3つのホテルに分かれて営業しているところもありますが、同じホテルグループが経営していることがほとんどです。

モルディブの環礁・空港~ホテル間の移動

環礁とは珊瑚の隆起で成り立った島々が環状に連なったもので、モルディブは26の環礁が南北2列に並んで延びています。
島と島が近く浅瀬が続いており、歩いて渡れるようなリゾートもあります。また環礁によって見れる魚や目的が異なります。
大きな違いとしては、空港からホテルまでの移動手段が異なり、ボートでホテルまで同日移動が可能な南北マーレ環礁、水上飛行機で移動するアリ環礁バァ環礁など、国内線の飛行機で移動するハーアリフ環礁アッドゥ環礁などがあります。
※水上飛行機移動の場合は、日本からの到着が夜間となりますので翌日の移動となります。
空港からホテルまでの移動手段について

モルディブホテル内の部屋タイプ

ビーチヴィラ

ビーチヴィラは、陸地に建つ部屋タイプですが、ホテルにより海が目の前にある部屋の場合とそうではない場合があります。
ホテル側が定めた名称のため、ビーチの目の前にあるとは限りませんので注意が必要です。
またビーチヴィラの特徴としては、敷地面積を広く取れることでお部屋を広々と使え、施設内にあるレストランやバー、スパへの移動も水上ヴィラに較べると便利なことでビーチヴィラを好む人も少なくありません。水上ヴィラだといきなり海で危険と感じる小さなお子様をお連れの方もビーチヴィラがオススメです。

水上ヴィラ

水上ヴィラは開放に満ち溢れたお部屋です。ホテルによっては水上バンガローや水上コテージなどといった呼び方の違いがありますが、ホテルが定めた部屋の名前の為、大きな違いはありません。
水上ヴィラならではの特徴はデッキから直接海に降りることが出来たり、海を見渡しながらバスタブに入ったりと普段体験出来ないようなことが出来てしまいます。
ご宿泊のお客様はハネムーナーやカップルが多いですが、ご夫婦にも是非ご宿泊頂きたいお部屋です。
最近では水上デッキにバスタブやプールを備え付けたヴィラも増えてきています。

大きく分けると、ホテルでの滞在時、どちらかの部屋に泊まることになりますが、どちらの部屋にも良いところがあり一度に2つの部屋を楽しむ欲張りなプランもあります!

ページトップへ

モルディブガイドブログ
モルディブガイドブログはこちら