ファミリーでいくモルディブ!(南北マーレ編) | モルディブ旅行記

モルディブガイド トップ旅行記 > ファミリーでいくモルディブ!(南北マーレ編)

モルディブ旅行記

ファミリーでいくモルディブ!(南北マーレ編)

PHOTO

エリア モルディブ
テーマ ファミリー
時期 2008/6/16~2008/6/21
投稿日 2008/7/3
投稿者 後藤さん

海がとても綺麗なモルディブ。こんな海をお子様に見せられたらさぞかし素敵でしょう・・・。
ご家族にお勧めのモルディブのリゾートをご紹介します!

★★フォーシーズンスクダフラ★★

PHOTO

PHOTO

PHOTO

キッズクラブ フォーシーズンズクダフラのキッズクラブはとても充実しており安心。
キッズクラブ使用料は無料。外には遊具のある公園、室内には可愛い遊び道具の揃ったお部屋があります。
そして、毎日日替わりでキッズプログラムも開催されています(土日曜日もあります。無料。)
**ある日のプログラム**
09:00 ビーチをウォーキング、10:00 ジェンガで遊ぼう、11:00 ヨガ、12:00 お部屋で宝探し、13:00 お昼休み(パパ・ママとランチへ)、14:00 ビデオ鑑賞&プレイステーション2、15:30 クッキング、16:30 お魚に餌をあげに行こう、17:00 プールで泳ごう(AT子供用プール)、18:00終了&また明日♪

お子様は楽しくって終了時間になっても帰りたがらないのだそう・・・。
海洋学者が魚や海について教えてくれるプログラムもあるようで、お子様にも良い経験になりそうですね。
レストラン なんと事前に夕食・昼食をつけてお申し込みの場合、すべてのレストランやルームサービスも利用出来るのだそう。これは良心的・・・。毎日豊富なバリエーションのお食事を楽しめるなら、お子様も飽きずにお食事出来そう。
スパ スパは離れ小島にあり、小さなドーニで行き来します。静かな空間で海を見ながら受けるスパはきっと最高で、お母さんは日頃の疲れを癒してみては・・・?
~その他~
大人用のインフィニティプールの隣に子供用プールあり。お子様用のライフジャケット、シュノーケリングセットの貸し出しもあります。クリニックもあり。

★★カンドゥーマ★★

PHOTO

PHOTO

PHOTO

新しくOPENしたカンドゥーマ。その正体は、リッチで心躍るデザイナーズホテルでした。そして、嬉しいことにファミリーにも向いています。
レストランや客室はもちろん、島内の案内板がレモンのような形だったり、プールの椅子がニコちゃん顔だったりと、細部まで拘ったデザインを発見する度にHAPPYになれます。もちろん、お子様の遊具もお洒落!!左の写真はキッズスペース。中央の写真は犬の形をした遊具。右の写真は赤ちゃん用ハンモック♪
その他、お子様用プールあり。レストランにはちゃんと赤ちゃん用のイスまでありました。
私たちの滞在中にもお子様が何人か泊まっており、スタッフにボールで遊んでもらったり楽しそうに過ごす姿が印象的でした。

★★バンドス★★

PHOTO

PHOTO

PHOTO

 ご家族向けリゾートの代表格!バンドスです。
ご料金もリーズナブルながら海がとっても綺麗でサンゴもあり、施設も整っている、安心リゾート。充実のキッズクラブや子供用プール、クリニックもあります。

お部屋タイプは主に3種類
①スタンダード・・・シンプルながらお部屋の中は意外と広々しており(写真左)あまり狭いと感じませんでした。海にも近くて良かったです。
②デラックス(ジュニアスイート)・・・こちらはスイートタイプのお部屋。スタンダードも狭くはないといえど、やっぱりデラックスの方が広い。トリプル利用にする為にエキストラベッドを入れることを考えると、デラックスの方がより余裕があります。
③ビーチバンガロー・・・1棟2階建てのお部屋。見た目がトトロのようで可愛くて素敵です。2階にはテラスとベッドがあり、1階にはリビングルーム、中庭にはジャグジーとバスルームがあります。トリプル利用する場合は1階にエキストラベッドを入れます。2階のベッドルームへ上る階段は、やや急な螺旋階段。階段は足元に隙間が開いたタイプなので、よちよち歩きのお子様には注意が必要です。お子様のご年齢などを考え、もし危険そうであればデラックスにした方がよいかもしれません。
ベッドはいずれもクイーンサイズです。

★★クルンバ★★

PHOTO

PHOTO

PHOTO

マーレから近いリゾート。行く前に想像していたよりも、リゾート全体がデラックスな雰囲気の造りでした。
クルンバの良い点はレストランが豊富なこと!中華やらグリルレストランなど、何でもあります。日に応じて種類を選べるのは嬉しい。
キッズクラブはありませんが、お子様用プールや、バスケッゴールや卓球台を置いたキッズスペースがあります。
海はマーレに近い為、マーレが見えてしまったり堤防があったりして少し残念な気はしますが、堤防がある分波が来ないのでお子様は遊びやすいかもしれません。

★★まとめ★★

今回の研修では、ご家族の視点で各リゾートを視察してきました。私はまだ子供を持っているわけではないので、お母様・お父様方の、お子様やご家族への想いは想像の範疇でしかないのですが、ファミリーで行かれるお客様から多く頂くお問い合わせと視察で見た事から考えた、私なりのリゾート選びのポイントをご紹介致します。

●レストランの充実度
モルディブの場合は1島1リゾートが故、お食事は3食ともリゾート内のレストランで食べることになります。お子様やおばあ様・おじい様に飽きが来ないよう、そしてもしお口に合わない食事があっても別のメニューでカバー出来るよう、レストランの数、もしくはお食事メニューの多いところをお勧めします。

●ベビーシッターやキッズクラブの有無
これがあればお子様を預けてご両親がダイビングに行ったりスパに行ったりすることも出来ます。

●キッズプールの有無
なかなか海でばかり遊ばせるのはちょっと目が離せない・・・。しかしプールならより安心。
<
●階段などに注意
2階へ上る階段やはしご、水上コテージの桟橋はよちよち歩きのお子様には転落の可能性があり、危険です(※水上コテージはお子様の宿泊を禁止しているところが多いです)。水上コテージの桟橋は手すりはついていないもしくは十数センチの手すりしかありません。桟橋下は水深が深い場合はおぼれてしまう危険がありますし、遠浅のところは本当に浅いので強打の危険があります。移動の際はお子様につきっきりになる、もしくは大きくなるまではビーチタイプのお部屋をお勧めします。

●トリプルで宿泊する場合のお部屋の広さ
トリプル利用の場合は大抵の場合エキストラベッドを利用します。エキストラベッドを入れるとお部屋はもちろん狭くなります。そして、各自スーツケースを広げるともっと狭くなります。
一見同じように思えるビーチタイプのシンプルなスタンダードルームも、各リゾートによって広さが違い、意外とお部屋に入った時の空間的な広さ感覚に差が出ます。なるべく、どれも同じようなお部屋だし安い方のお部屋でいいで・・・なんて思わず、広さをチェックして広さに余裕のある方のお部屋を選んでください。

●お子様ベッド無しの場合
お子様がベッドを利用されず添い寝でご宿泊の場合はツアー代金はかなりお安くなる場合が多いですが、お子様の年齢や体の大きさによってベッド無しで大丈夫かご心配される方が多いと思います。
それはもう、お客様がどれだけ我慢出来るかというそれぞれの感覚によって違うので、明確な基準はご提示出来ないのですが・・・、試しにクイーンサイズのベッドに大人3人で寝るとどうなるかというと、寝れました。でもほぼ直立不動の川の字になるので、寝返りは難しそうです。私の見たところ、小学校高学年のお子様だと寝苦しいが寝られる、高学年のお子様2名+大人2名で1台ベッドは厳しい、という感じでしょうか・・・(※あくまでご参考まで)。リゾートのベッドはほとんどがクイーン、良いお部屋でキングサイズのところが多かったです。

●リゾートの距離について
南北マーレならモルディブ到着日にボートで移動出来ますが、長時間のフライトの後、夜という時間帯もあって、小さなお子様には真っ暗な中揺れるスピードボートでの移動は体力的につらいかもしれません・・・。大事をとって1泊目は空港島のフルレホテルへ宿泊するのもひとつの策です。

お子様連れということでご心配な面も多々あるかと思いますが、気になる点がございましたらモルディブ担当スタッフまでお問い合わせください。

ページトップへ

モルディブガイドブログ
モルディブガイドブログはこちら