モルディブへの旅 ミリヒ&ニカアイランドリゾート | モルディブ旅行記

モルディブガイド トップ旅行記 > モルディブへの旅 ミリヒ&ニカアイランドリゾート

モルディブ旅行記

モルディブへの旅 ミリヒ&ニカアイランドリゾート

PHOTO

エリア モルディブ
テーマ ご当地体験
時期 2006/5/4~2006/5/11
投稿日 2006/5/21
投稿者 阪上さん

今回初めてモルディブへ行ってきました。想像以上の青い海にテンションがずっと上がっていました。島から海の方を眺めると、青・青・青!空と海の青のグラデーションがとても綺麗です。その中に小さな島の緑色やベージュ色などが爽やかで、素朴さを感じます。

ここでは、そんな光景を楽しめるアリ環礁のリゾートを2つ紹介いたします。

ミリヒアイランドリゾート

PHOTO

PHOTO

PHOTO

ミリヒアイランドリゾートは、マーレの空港から水上飛行機で30分、アリ環礁真ん中より下の方にあります。
桟橋からリゾートの右から左まで見ることができるほど小さなリゾートです。1周するのに徒歩でわずか10分ほど。フロントからバー・レストランへの道は、ナチュラルさを演出するサンドカーペット(白い砂の道)になっています。草木はただ生えているのではなく、しっかりと手入れされているので雑然とした雰囲気はありません。フロントやライブラリー、バーなどは、かわいらしいアジアン家具でまとまっていて、ミリヒの自然とバッチリはまってます。

(写真:左)  桟橋からのミリヒ
(写真:中央) ビーチと海が本当に綺麗!
(写真:右)  裸足で歩くと気持ちいいサンドカーペット

ミリヒアイランド お部屋紹介

PHOTO

PHOTO

PHOTO

人気の水上コテージは、広すぎないちょうどいい大きさ。アジアンテイストでしっかりとした内装の家具。テラスとベッドルームの間の窓は開け放つことができるので、部屋の面積以上に広く感じます。
バルコニーのデッキチェアでのんびりするのもいいかも。そこから見えるのは限りない水平線です。隣の部屋から見えない作りとなっているので、プライベート感もあります。もちろん、バルコニーから海へ降りることもできます。海からあがれば、そのままバスルームへ直接行く事ができます。バスタブはないですが、そこは我慢して下さいね。

(写真:左)  水上コテージ全景
(写真:中央) ベッドルーム
(写真:右)  バルコニー

ミリヒアイランドでの過ごし方

PHOTO

PHOTO

PHOTO

ウォータースポーツを十分に楽しむことができますし、シュノーケリングセットは無料で利用できます。
ダイビングに関しては、スタッフがほとんどケアをしてくれる殿さまダイビングです。アリ環礁の人気スポットも日帰りダイビングで十分楽しめます。ウォータースポーツが終わったあとは、バーで海を見ながらくつろぐのはいかがでしょうか? フロントからバーに行く途中には、ライブラリーやインターネットもあります。

ミリヒは、何もしない贅沢を十分に楽しめるリゾートだと思います。サンセット時には、ビーチを散歩するのも綺麗です。よく見ると、小さなサメが水辺で泳いでいたりします。ハウスリーフも綺麗ですので、シュノーケリングにもお勧め。それにスパ施設もあるので訪れた人はしっかりと癒されて下さい。

(写真:左)  バー・レストランオープンデッキ
(写真:中央) ライブラリー
(写真:右)  水上レストラン

ニカアイランドリゾート

マーレの空港から水上飛行機で25分ほど。アリ環礁の北の方にあるニカアイランドは、草花が多く自然を大事にしていて尚且つ、イタリア系デザインの遊び心がつまったリゾートです。

ニカアイランド「ビーチヴィラ」

PHOTO

PHOTO

PHOTO

ビーチヴィラは、島の東と西側のビーチにあります。特筆すべき点は、プライベートビーチがあるということ!お部屋を出てのビーチエリアは とにかく広いです。デッキチェアとブランコがあり、更に、ジャグジー付きのバスタブもありといった贅沢さ。但し、豪華な雰囲気でなく素朴な感じです。お部屋の中もとにかく広いです。特に、バスルームが広い。こんなに大きなバスルームはあまりないですね。

お部屋は青と白という色使いです。窓が少なく、日光はあまり入らない造りで、オレンジ色の電気をつけるとリトルマーメイドのような雰囲気です。西側にあるビーチヴィラは「サンセットヴィラ」と呼ばれていて、ラグーンが小さく、ドロップオフ(海の深いところ)が近いので特に人気です。ドロップオフが近いほうがシュノーケリングが楽しめます。

(写真:左)  ビーチヴィラ全景
(写真:中央) お部屋
(写真:右)  プライベートビーチ

ニカアイランド「水上コテージ」

PHOTO

PHOTO

PHOTO

水上コテージは、ビーチヴィラとはまた違った雰囲気の内装です。お部屋はビーチヴィラと同じように広いです。ビーチヴィラとの違いは、全体が木で出来ているので、より温かみがあること。また日光もよく入るので明るいです。インドやスリランカ風のリネンを使用したベッドルームもかわいらしい。

バルコニーは部屋からすぐ外に出た部分と屋根の上の2箇所あります。1階部分はビーチの砂が敷き詰められているので、ビーチヴィラにいる気分も少しだけ味わえるかもしれませんね。本当に少しだけですが、裸足になると気持ちいいのは確かです。ニカの水上コテージの周りは、サンゴがいっぱいで、ここまでコテージ近くにサンゴが多いリゾートも、モルディブといえどもなかなか無いのではないでしょうか。

(写真:左)  敷き詰められた砂がいい感じ!
(写真:中央) 海への梯子。サンゴが綺麗
(写真:右)  明るい雰囲気のベッドルーム

ニカアイランドでの過ごし方

PHOTO

PHOTO

PHOTO

リゾート内は本当に自然が多かったです。リゾートの真ん中あたりに『ニカ』という大木があります。ニカはバニヤンツリーをモルディブの言葉で表した言葉だそうです。もちろん、ウォータースポーツなどのアクティビティーも充実していますしスパもありますので、十分楽しむことができます。

ニカアイランドリゾートは、ラグジュアリーな雰囲気ではないけれど、他のリゾートにはない遊び心がつまったリゾートです。一つだけ苦言を言いますと、ビーチはありますがそんなに綺麗ではありません。それだけが少し残念。。。しかし、水上コテージ周辺のハウスリーフは本当に綺麗でした。

(写真:左)  リゾート内は草花がいっぱい
(写真:中央) スパ施設
(写真:右)  手前の黒い影はすべて魚です

ページトップへ

モルディブガイドブログ
モルディブガイドブログはこちら